This page:犬しつけ教室.COMTOP > しつけ方 > 犬のしつけのポイント2

犬のしつけのポイント2

しつけの時に態度は変えない

犬をしつける時のポイントとして、犬が混乱しないようにしつけ方に注意が必要です。犬は頭が良いとはいえ、人間の世界における善悪の判断がつくほど賢くはないのです。

ですから、犬が噛みつくなどの行為をしたら、例え甘噛でも、叱るようにして下さい。甘噛だから叱らないと言うように態度を変えないのがポイントです。また、叱るタイミングは、悪いことをしたらすぐにその場で叱ることです。

とは言っても愛犬はめちゃくちゃ可愛いですから、ちょっと悪いことしても「仕方ないなー」なんて言ってついつい許してしまいがち。でも絶対駄目ですよ、犬が混乱してしまいますから。毅然と一貫した態度でしつけをする事が重要です。

その代り、良いことをした時に、思いっきり思う存分褒めてあげて下さい。

しつけのタイミング

叱るときも誉めるときも同様の事なのですが、何か犬がいい行動や悪い行動をした直後に誉めたり叱ったりするようにして下さい。何が良くて、何が駄目なのかはっきりと分かるように。

時間が経った後で「あのときいいことしたねー」なんて誉めてあげても犬には何のことか分かりません。タイミングが悪いと悪いことを良いことと認識してしてしまう可能性があります。

犬が行動した直後に誉める、または叱ると、犬がどんなことをしたら誉めてもらえるのか認識をして、次からは誉めてもらいたくていい行動をするようになります。

犬をしつけるには「叱る」より「褒める」ことが大切です。ですから犬がいいことをしたらきちんとタイミング良く褒めてあげましょう。

私たち人間同士でもたまに「さっき、言っていたことと違うじゃない!」ということがありますが、犬のしつけをする時には、こうならないように気をつけて下さいね。

サイト情報

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

サイト管理者