This page:犬しつけ教室.COMTOP > しつけの前に犬の習性を知ろう > 犬は群れで行動する

犬は群れで行動する

犬は、“群れ”で行動生活をする動物です。犬にとって群れとは、一つの社会であり、群れの仲間には連帯意識があります。

この連帯意識は、現代人の我々よりもはるかに強く、自分の身を守るためよりも仲間を特に主人のためには、命に替えても守る動物なのです。 さて、この群れですが、群れはタテ社会で当然順位があります。各々、自分の地位を理解し、わきまえて行動します。

犬は、強い者には絶対的な服従心を持って従いますが、自分と同等、自分より順位が下の者には従う事はしません。 強い者とは、単純な力の強さだけでなく、人間社会と同様に信頼や尊敬できる者でなければ、犬も主人とは認めません。 また、犬の主人に対する服従心も永遠ではありません。自分がナンバー1の座に就く機会をうかがっていますので、主人への信頼が欠けるようなことがあると、これまで服従していいたのに、言う事を聞かなくなるという事もあり得ます。

サイト情報

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

サイト管理者