This page:犬しつけ教室.COMTOP > トイレ > 犬がトイレを失敗した時のしつけ

犬がトイレを失敗した時のしつけ

犬にトイレをしつけている時に、失敗というのはつきものです。その時、普通なら叱ると思いますが、叱る以上に大切なことというのがあります。それが「褒める」ということです。失敗したことを叱るよりも、できたことを褒めてあげたほうがより犬はトイレを早く覚えてくれるます。

また、犬がトイレをしそうな雰囲気を出したらトイレに連れて行くようにしましょう。どういうときにトイレに行きたい雰囲気を出すかというと、そわそわしてみたり、においを嗅ぐような行動をしてみたりします。そういう行動を見逃さないようにしましょう。また寝て起きたタイミングのときもトイレに行きたいタイミングですので見逃さないようにしましょう。

サークルの中にトイレを置いている場合は、その中に連れて行くようにしましょう。またトイレがきちんと決められた場所でできたら排泄が終わった後すぐ褒めてあげるようにしましょう。

また、犬がトイレを失敗したらすぐ叱り、すぐ後片付けをするようにしましょう。ここで注意するのは叱るときはいつも同じ言葉で叱るようにすること、片付けるときは消臭剤を忘れずに使用することです。

犬を飼うと、しつけをしなければなりませんよね。そんなとき人間の言葉を犬が理解できたらどんなに楽だろうと思います。しかし、頑張ってよきパートナーと犬がなるように頑張っていきましょう。

犬を飼ったらまず最初にトイレを教えてあげるようにしましょう。しかし、焦りは禁物です。焦らずイライラせず、根気よくトイレのしつけをしましょう。


サイト情報

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

サイト管理者