This page:犬しつけ教室.COMTOP > 噛み癖 > 犬の噛み癖のしつけ方

犬の噛み癖のしつけ方

犬噛み癖しつけ犬の噛み癖のしつけは、とても重要です。犬の噛むという行為には色々なケースや理由があります。犬が噛む行為をすることは、成長過程においては必要なことで、子犬として本能のうちに行っている自然な行為だと思います。噛むという行為の中には家具を噛んだり、誰かの手を噛んだりなどという事です。

しかし、理由はどうあれ可愛い愛犬のためにも、噛み癖をしつけておく必要があります。

犬が噛む行為をすることは、成長過程においては必要なことで、子犬として本能のうちに行っている自然な行為だと思います。噛むという行為の中には家具を噛んだり、誰かの手を噛んだりなどという事です。

この噛むという行為は甘噛みであるのなら大して問題はありませんが、しかし、それが甘噛みであるのか、本気で噛んでいるのかという判断はなかなか素人の方にはわからないでしょう。ましてやこちらは犬ではないのですから犬本人の気持ちはわかりませんよね。それに、甘噛みであるにしろ本気であるにしろ一緒に暮らしていくのであれば止めさせなければ、家具や靴など色々なところを噛んでしまい、成長するにしたがってそれが破壊行動につながっていく可能性があります。また、人などを噛んで怪我をさせてしまっては大変です。

ですから、噛むという行動そのものを子犬のうちから止めさせるようなしつけをしておいたほうがいいと思います。その為には、犬用のおもちゃとかガムなど犬が噛んでいいものはこれなんだよというように認識させるのがいいと思います。

また、それもいつでも与えるのではなく遊びの時間に与えるなど、きちんと決めて与えてあげるようにしていきましょう。そうやってコントロールすることできちんと主従関係がしっかりできるようになるとしつけもしやすくなります。

サイト情報

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

サイト管理者